曼荼羅寺の藤の花

毎年観賞に行っている曼荼羅寺の藤の花を見に連休中の3日に行ってきました。今年は例年に比べ一週間程開花が遅れた様で当日はちょうど見頃満開でした。

藤は蔓が20メートル以上にもなるものがありますが、品種により左巻と右巻きがあるそうです。巻きつくと簡単には解けないので、花言葉は「消して離れない」? だそうです。f:id:moriwa14911:20170506135507j:imagef:id:moriwa14911:20170506135514j:imagef:id:moriwa14911:20170506135532j:image藤の花の香りに誘われ大きなミツバチ🐝が蜜をすっていました。白い藤の花の写真を拡大すると何匹か見られます。f:id:moriwa14911:20170506135456j:image 古くから藤の花を読んだ俳句、短歌はたくさん有ります。万葉の時代には藤の花は藤浪といったそうです。藤を詠んだ詩で好きなもの数種類

藤浪の花は盛りになりにけり 平城(なら)の京(みやこ)を思ほすや君

恋しけば形見にせむと我が宿に 植えし藤浪今咲にけり

くたびれて宿かる頃や藤の花    芭蕉

ゆく春の後ろを見せる藤の花    一茶

しだれ桜満開

本日毎年この時期に訪れている東国山のしだれ桜を見に行ってきました。ここのしだれ桜は愛知県では屈指の見どころだと思います。しだれ桜🌸祭は昨日14日まででしたが、少し散り始めたとはいえ今週いっぱいは十分見ごたえあると思います。昨日までの桜祭り期間は駐車場有料でしたが、今日からは無料でラッキー🤞でした。f:id:moriwa14911:20170414202808j:imagef:id:moriwa14911:20170414202831j:image

f:id:moriwa14911:20170414202857j:image

f:id:moriwa14911:20170414202914j:image

満開の桜の下のんびりと太公望もオツなものf:id:moriwa14911:20170414203215j:image

花筏もなかなか見ごたえがあります

f:id:moriwa14911:20170414203354j:imagef:id:moriwa14911:20170414203407j:imagef:id:moriwa14911:20170414203429j:image

桜の見頃も今週が最後か

彼岸桜、染井吉野、八重桜もこの近くでは今週が最後の様です。東谷山フルーツパークの枝垂れ桜は来週ぐらまで見頃と思います。4月後半は信州の一本桜が見頃でしょう🌸。

桜を読んだ好きな歌

もろともに 哀れと思へ 山桜 花より他に知る人もなし  (大僧正行尊)  

散ればこそ いとど桜はめでたけれ 浮世に何か 久かるべき( 有原業平)

願わくば  花に下にて春死なむ  その如月の 望月の 頃

どの歌もいさぎよさが滲み出て居ますが、何か寂しい感じが残りませんか?

 

先週家の近くで写した写真です。f:id:moriwa14911:20170412213130j:imagef:id:moriwa14911:20170412213150j:imagef:id:moriwa14911:20170412213210j:imagef:id:moriwa14911:20170412213241j:imagef:id:moriwa14911:20170412213302j:imagef:id:moriwa14911:20170412213339j:image

 

遅咲きの枝垂れ梅

梅の花もほとんど散り、もうすぐ桜の開花となります。桜の開花までのひと時、遅咲きの枝垂れ梅がつなぎ役をしてくれます。香りはそれ程ですが華やぎを感じました。f:id:moriwa14911:20170326182158j:imagef:id:moriwa14911:20170326182211j:imagef:id:moriwa14911:20170326182233j:image

芳しき梅の香りに誘われて

f:id:moriwa14911:20170305200015j:imagef:id:moriwa14911:20170305202119j:imagef:id:moriwa14911:20170305200158j:imagef:id:moriwa14911:20170305200300j:imagef:id:moriwa14911:20170305200332j:imagef:id:moriwa14911:20170305200454j:image

暖かい日和に誘われて東谷山の梅林を訪れました。紅梅、白梅が咲き乱れ梅林に芳しい香りを漂わせていました。梅は花もいいけれど私は香りが嬉しいです。いにしえ人が読んだ好きな梅の歌

f:id:moriwa14911:20170305201516j:imagef:id:moriwa14911:20170305201731j:imagef:id:moriwa14911:20170305202119j:image大空は梅のにほいに霞つつ曇りも果てぬ春の夜の夢

 

東風(こち)吹かば想い起こせよ梅の花

主人(あるじ)無しとて春な忘れそ

                  (道真)

年のはに春の来たらばかくしこそ梅をかざして楽しく飲まめ

                    (宿奈麻呂)

人はいざ心も知らず故郷は花ぞ昔の香ににほいけり

                     (貫之)f:id:moriwa14911:20170305204114j:image

この中にメジロが写っていますがわかりますか?

イチゴパラダイス

大学からの帰り道や休日などに時々コーヒーを飲みに行きます。今までは学校から比較的近いk店をちょくちょく訪れていましたが、同じぐらいの距離でもう少し高級化があるs店に行って見ました。f:id:moriwa14911:20170302111917j:imagef:id:moriwa14911:20170302111934j:image店内はゆったりしていて明るく高級感がありました。ランチのパスタも生麺を使用美味しく、5月中旬までの限定販売のイチゴパラダイス(パンケの上にたっぷりの生クリームそして新鮮なイチゴの盛り付け)がお勧めです。クリームも甘さ控えめで、自分の好みでイチゴソースと練乳で好みの甘さにできます。自分で自分にご褒美をあげたい時とか友達とリラックスして談笑したい時などにお勧めです。

「鴛鴦(おしどり)夫婦」は褒め言葉として使っていいの?

愛知県設楽郡設楽町田峯(だみね)(田峯観音が有り2月12日の奉納歌舞伎、子供歌舞伎でも有名)に毎年オシドリが多く訪れる「オシドリの里」が有ります。豊川の上流「寒狭川」の中程に山紫水明の地が有り、11月中旬から2月末ぐらいの間にシベリアや中国黒竜江省から越冬しに渡って来ます。多い時には数百ぱの群れが見られます。週末写真撮影に行って来ました。f:id:moriwa14911:20170227172915j:imagef:id:moriwa14911:20170227173044j:imagef:id:moriwa14911:20170227173125j:imagef:id:moriwa14911:20170227173158j:image

 撮影に毎年来ているプロから聞いた話ですが鴛鴦はいつも夫婦仲良く暮らしているが、実は毎年相手が変わっていると聞きました。又時には鴨🦆にもちょっかいを出して浮気をしているそうです。

この話を聞いて「鴛鴦夫婦」と言う言葉を褒め言葉と使っていいか迷っています。

蛇足ですが鴛鴦はとても神経質で少しでも人の気配を感じると逃げていきます。朝早くか、夕方でないとこの地には来ないので近くで一泊しました。辺鄙なところで気の利いた旅館はありませんが此処から15分ぐらいの所に塩津温泉が有り小さな温泉旅館(芳泉荘、秀山荘)が2軒あります。古い造りでこたつ石油ストーブを使っており、40年ぐらい前の温泉旅館の様でしたが、温泉の質はアルカリ泉で気持ちよかったです。特別な料理も有りませんが岩魚の骨酒とこの時期の岩魚の刺身はとても美味でした。庭に川が引き込まれておりその生簀から掬い上げその場で刺身が食べられる。お酒が好きな方是非冬の骨酒刺身が試して見てください。