秋の味覚の王様---国産松茸のフルコース

恵那峡から近い所に「藤太郎」という民宿旅館がある。このお店は近くに松茸狩りができる山を所有しており、予約しておけば国産の採れたての松茸のフルコースをいただくことができる

f:id:moriwa14911:20181020192848j:image

珍しいきのこ「いくち」(上)、「ろうじ」煮付の口取り

f:id:moriwa14911:20181020191625j:image

 

栗、銀杏と共に採りたての松茸を裂いてポン酢、又は粗塩をつけていただく

f:id:moriwa14911:20181020191941j:imagef:id:moriwa14911:20181020192010j:image

 

松茸の土瓶蒸し、松茸一本分が入っていてとても上品な味わい

f:id:moriwa14911:20181020192253j:imagef:id:moriwa14911:20181020192359j:image

上の焼きパイを松茸スープに崩しいれていただくパイ包み

f:id:moriwa14911:20181020193325j:image

松茸の天ぷら

f:id:moriwa14911:20181020193524j:image

松茸握り寿司

f:id:moriwa14911:20181020193622j:image

f:id:moriwa14911:20181020193721j:image

松茸と飛騨牛のすき焼き

f:id:moriwa14911:20181020193812j:image

松茸の炊き込みご飯ーー一人一人丁寧に目の前で約15分かけ鉄鍋で炊き上げ熱々を食べさせていただける。最後にさっぱりと自家製抹茶のアイスクリーム、

ご馳走様でした満腹堪能しました

烏魯木斉(2)---自治区博物館、天池

新疆ウイグル自治区博物館

この地の歴史、少数民族の生活、文化など多くが展示されているが、ミイラ博物館として世界的に有名。ここのミイラはエジプトなど他地域のミイラと大きく異なり全く防腐剤を使ったり内臓を取り出したりしておらず、息を引き取ったそのままで保存されている。数多くのミイラの中でも「ウイグル美人」「楼蘭の羽を翳した貴婦人」などは特に見応えがある。次回機会があれば時間をかけてゆっくり見学したいものだ。f:id:moriwa14911:20181018215823j:image

ウイグル美人のミイラ
f:id:moriwa14911:20181018215827j:image
f:id:moriwa14911:20181018215833j:image

天池

烏魯木斉都心から東北100kmに位置し、万年雪を頂きに被るボコダ山の中腹

標高約2000mに位置する。透き通った雪解け水を満々と湛えた大きな湖でUnescoの世界自然遺産に登録されている。ここのトイレは四つ星トイレの認定があり有名。f:id:moriwa14911:20181018220820j:image
f:id:moriwa14911:20181018220802j:imagef:id:moriwa14911:20181019110239j:image

ウルムチ(烏魯木斉)---美しい近代都市に発展

ウルムチ新疆ウイグル自治区の首府であり、天山北路の中心都市である。一帯一路政策が打ち出されて中近東、欧州への中継都市として、ここ三から五年で大いに開発が進み人口250万の都市(市区人口140万)なった。

f:id:moriwa14911:20181018210610j:image
f:id:moriwa14911:20181018210608j:image

ウルムチとはウイグル語で「美しい牧場」という意味で、清代までは数十万人の砂漠のオアシス都市だったが、近年「一帯一路」の重要中継基地又石油、鉱物の発掘で賑わいを見せている。但しここは中国ではあるがウイグル族、カザフ族、回族などイスラム教徒が多く全く異国の感がある。夜マッサージ店に出かけたが、お姉さんたち漢民族もいたがウイグル人カザフ人が多かった。朝晩、年間の温度差が大きく(夏MAX40度、冬MINー30度)とても乾燥している。9月昼は28度、夜13度でした。来年には地下鉄も開通するそうだ。そしてテロ対策のためか街のいたるところにパトカー、公安の駐在所がありホテル、レストランに入るにも荷物検査があり、平和ボケした我々日本人には驚きであった。

トルファン(3)---飛天のモデルになったウイグル族の舞い姫

トルファンのレストランで夕食後ウイグル族の舞い姫を招いて異国情緒豊かな踊りを鑑賞し、私たちも一緒に踊った。f:id:moriwa14911:20181015214602j:image
f:id:moriwa14911:20181015214549j:image
f:id:moriwa14911:20181015214554j:image
f:id:moriwa14911:20181015214607j:image

トルファン(2)---シルクロードの分岐点

古の陸のシルクロード長安から敦煌トルファンまでの河西回廊とトルファンからの3つのルート(天山北路、天山南路、西域南路)に大別できる。

河西回廊----長安(西安)、蘭州、嘉峪関、        

   敦煌(ここまでは唐の内)、ここを過ぎると一面の砂漠、火焔山を通過しトルファン

 

f:id:moriwa14911:20181014192240j:imagef:id:moriwa14911:20181014191830j:image
見渡す限り赤い土漠、鳥も獣もいけるものなし、遠くに火焔山富士が見える

天山北路-----トルファン、烏魯木斉(ウルムチ)、クイトウン、イーニン----カザフスタン

今回はこの天山山脈北の通路、天山北路でウルムチ迄訪れた

天山南路---トルファン、コルラ、クチャ、アスク、カシュガル、タシュクルガン、---パキスタン

f:id:moriwa14911:20181015133111j:image

山の頂は万年雪に覆われた天山山脈がどこまでも続く

天山山脈の南側、タクラマカン砂漠の北側を通る真ん中のシルクロード

西域南路----トルファン楼蘭、チャルクリク、ニヤ、ホータン、ヤルカンド、カシュガルサマルカンド

タクラマカン砂漠の南北には4000m以上の崑崙山脈パミール高原がそびえ立f:id:moriwa14911:20181014192836j:image

現代のシルクロード(一帯一路)

西安敦煌トルファンカザフスタンカスピ海ポーランド、ドイツにつながる高速道路、シベリア鉄道経由で欧州各国に繋がる国際鉄道が新疆高速鉄道と並行して走り多くの貨物、人の往来が盛んである。今回車窓から多くのコンテナや車搬送車(一台に約10台の乗用車を積んで)が高速道路をカザフスタンに向かって走っているのを見た。恐らく1日に100台以上の乗用車がこの道を通って中東、欧州に搬送されているだろう。

このルートの他にカシュガルパキスタンサマルカンドイスタンブール経由で欧州への高速道路(一帯一路の一部)を使って多くの中国製品(家電製品、乗用車、日用雑貨など)が大量に輸出されている。

 

 

 

 

吐魯蕃(トルファン)----中国版新幹線

敦煌からバスで約2時間で柳園駅に到着柳園からトルファンまで新疆高速鉄道(CRH)(日本の新幹線にあたる)で4時間弱で到着。

f:id:moriwa14911:20181013212229j:image

 

CRH380型最高速度時速280km/hr程度

f:id:moriwa14911:20181014105630j:image

中国の新幹線は此処10年急速に発達し

「四縦四横」と呼ばれる南北4幹線、東西4幹線のほか都市間新幹線8路線が営業運転しており、新幹線だけの総延長距離は地球一周以上となっている。今回乗車の限りではスピード、振動、乗り心地、運行時間の正確さなど日本の新幹線に比べて遜色は見られなかった。

日本の新幹線製造台数の数倍の新幹線車両、軌道を作った実績より技術的にも完全に追いつかれ、追い越されたように思う。細かい点では駅などで完全バリアフリーにはなっていないなど改善の余地は残っているが細かい点は後回しとし二、三年で大枠をどんどん進めていく(日本のように計画から完成迄に10年近くかかることはない)スピード.・実力は恐ろしい。

車窓からは一面の砂漠(正確には土漠か?)が延々と四時間以上も続くが、

f:id:moriwa14911:20181019110617j:image所々に太陽光発電(数千台設置)、見渡す限りの風力発電(数百基)、石油掘削基地及びその精錬基地や火力発電所(天然ガスが主体)が

f:id:moriwa14911:20181019110703j:image突然現れ新しい高層ビルが林立した新設都市が見えた。

f:id:moriwa14911:20181019111059j:image中国の電力事情に余裕がある事が隙間見られた気がした。新疆ウイグル自治区は中国エネルギー供給基地としての役割も担っている。

敦煌(5)---唐代の旅立ちの詩

敦煌は唐代西域との国境、ここから先に出かけたらもう帰ることはできないかもの思いで詠んだ詩の中から三首を上げる

 

【 凉州词】        王思翰

葡萄美酒夜光杯  欲欲琵琶马上催

醉卧沙场君莫笑  古来征战几人回

(  私の感じたところを訳してみた)

葡萄の美酒を夜光杯になみなみ注ぐ

馬の上で琵琶を奏でてみたい

砂漠で酔い眠ったとて笑わないでくれ

昔から此処から遠征に出かけ何人が帰ってこられたというのか

 

[玉門関にて李白が詠んだ詩]

漢は下る白塔の道  胡はうがつ青海の湾

由来征戦の地  見ず人の帰るを

 

[送元二使安西】      王 维

(王维が今から西域に出向く友人元ニを渭水のほとりの城下で別れを惜しんで詠んだ詩)

渭城朝雨浥轻尘 客舍青青柳色新

劝君更尽一杯酒 西出阳关无故人

(自分流に翻訳)

渭城の朝雨軽塵を潤し、客舎青青と柳色新たなり、君に勧める更に尽くせ一杯の酒、西の彼方陽関を出ずれば知人なからん