冬の味覚・・蟹料理

名古屋から日帰りバスツアー芦原温泉の蟹グルメ🦀のツアーに参加した。8時出発で6時半には戻れ疲れることもなく温泉に浸かり、蟹のコース料理を腹一杯食べ、帰りには甘エビ(冷凍一箱)、高山蕎麦のお土産をいただきのんびり楽しむことができました。f:id:moriwa14911:20181213171158j:image

蟹は越前なので当然越前蟹を使ったフルコースで生の刺身、浜ゆでがに一杯、焼きガニ、蟹鍋、カニ汁、蟹ご飯とふんだんに蟹だ使われており満足しました。街の中の蟹料理店より随分お値打ちに感じました。

「余談・・蟹談義」

越前蟹は(ズワイガニ松葉ガニとも呼ばれまたメスの蟹は小型でセイコカニ、コウバクとも呼ばれる)北海道近辺で取れる毛蟹と共に日本ではこの時期の蟹の双璧です。

ほかにガザミ(渡り蟹)、タカアシガニ(全長3メートルにもなる物あり)、タラバガニ、花咲蟹がよく食べられています。

但し動物学上からはタラバガニ、花咲蟹は脚が左右4本ずつでヤドカリの分類に入るそうです。

でも食べるものにとっては美味しければいいわけで、旬の新鮮で身(蟹味噌や卵も含め)がいっぱい詰まった蟹であればどれも優劣つけ難いと思います。

「月夜の蟹は身が痩せていると言われたのを聞いたことがありますが、本当でしょうか?」

 

今年も豊作・・冬野菜

もう40年も我が家の庭の片隅にある猫のひたいのように狭い菜園に夏野菜、冬野菜を育て続けている。f:id:moriwa14911:20181210133325j:image

こんな狭いところに毎年同じ野菜を植えると土が痩せ野菜に病気が出やすいと言われるが幸い今まで問題になったことがない。今は冬野菜の収穫時期で大根、人参、白菜、キャベツ、レタス、ブロッコリー、カリフラワー、小松菜が十分取れる。自然耕法で植え付け時シッカリと堆肥を入れ込み時々水を与え、気がついた時には葉に住み着いた虫を駆除するだけで雑草とともに育て、昔の味がする野菜が苦労知らずで収穫できます。

プランターに植えた小松菜も

f:id:moriwa14911:20181210210902j:imagef:id:moriwa14911:20181210213845j:image

一ヶ月も過ぎると見たこともない大きな葉に成長します。

大根もこんなに狭い畑にびっしり植えても(約40本)まずまずの太さになります。f:id:moriwa14911:20181210211258j:imagef:id:moriwa14911:20181210211348j:image

人参🥕は少し小ぶりだけれど菜園に植えたものは毛根がすごく発達しとても甘みがありサラダにして生で食べると甘くてフルーツのようです。

白菜もキャベツもしっかり結実し市販のものより味が濃いと思いますf:id:moriwa14911:20181210214904j:image

f:id:moriwa14911:20181210211826j:image

 

 

 

f:id:moriwa14911:20181210214656j:image

f:id:moriwa14911:20181210214738j:image

ブロッコリーだってカルフラワーだって市販よりは1.5倍は大きいと思います。

f:id:moriwa14911:20181210213623j:image

 

f:id:moriwa14911:20181210212057j:image

自然の恵みは本当に素晴らしい。感謝、感謝です。

f:id:moriwa14911:20181210222755j:image

 

毛嵐立ち上る季節

毎年昼間と夜明けの温度差(10度以上)が大きくなる十一月の中旬以降、入鹿池に「毛嵐」の写真を撮りに行きます。その頃はワカサギ釣りの人たちが黎明からボートを漕ぎだし写真撮影の良いポイントになります。

f:id:moriwa14911:20181126110134j:imagef:id:moriwa14911:20181126110208j:imagef:id:moriwa14911:20181126110300j:imageでも湖面から蒸気が立ち込めており鮮明なしっかりした写真を取るのは難しい。f:id:moriwa14911:20181126131336j:imagef:id:moriwa14911:20181126131449j:image

毛嵐や死後に余生のある如し

毛嵐に彩り添える釣りの船

大学のキャンパスにも紅葉の美しいところがあります

中部大学のキャンパスのカエデも色ずき始めました。

f:id:moriwa14911:20181120170743j:image
f:id:moriwa14911:20181120170739j:image
f:id:moriwa14911:20181120170735j:image
f:id:moriwa14911:20181120170747j:image

紅葉とカエデの植物上の区別はないようです。但し日本国内では葉の大きさ、切れ込みの深さ、色付きなどで区別しているようです。カエデ「楓」という漢字は中国から入ってきましたが、中国では別の樹(マンサク科の落葉高木)を表します。日本でいうカエデは中国では槭树(qishu)という字を使います。

f:id:moriwa14911:20181120172705j:image

f:id:moriwa14911:20181120170909j:imagef:id:moriwa14911:20181120171035j:image

もうすぐ木枯らしの吹く季節になります。残り少なくなった紅葉狩りの季節を楽しんでください。

紅葉前線南下 虎渓山永保寺の紅葉見頃

桜前線北上という言葉になれていて紅葉前線南下と聞くと一瞬奇妙な感じだが、

考えてみれば当然のことですよね!

コウヨウ🍁は日本語では紅葉とも黄葉とも書きますね。カエデ科などの樹の葉の成分クロロフィルが分解してアントシアニンになると黄色くなり、カロチノイドになると赤くなるそうです。

 

f:id:moriwa14911:20181120101118j:image  f:id:moriwa14911:20181120101201j:imagef:id:moriwa14911:20181120101126j:imagef:id:moriwa14911:20181120101231j:imagef:id:moriwa14911:20181120101259j:image

吉日だったのか結婚記念写真前撮りのカップルがいたので写真撮らせてもらった

f:id:moriwa14911:20181120101319j:imagef:id:moriwa14911:20181120101529j:image

🍁は写真映りが良くて素人が写しても本物より美しい写真になることが多いので好きな撮影対象です。

f:id:moriwa14911:20181120101610j:imagef:id:moriwa14911:20181120101635j:imagef:id:moriwa14911:20181120101727j:image

虎渓山には桜🌸(四季桜?)と紅葉が一緒に咲いているところがあります。桜も満開ですがこの時期はやはり紅葉🍁の方が美しいと感じます。

f:id:moriwa14911:20181120130426j:image

秋の味覚の王様---国産松茸のフルコース

恵那峡から近い所に「藤太郎」という民宿旅館がある。このお店は近くに松茸狩りができる山を所有しており、予約しておけば国産の採れたての松茸のフルコースをいただくことができる

f:id:moriwa14911:20181020192848j:image

珍しいきのこ「いくち」(上)、「ろうじ」煮付の口取り

f:id:moriwa14911:20181020191625j:image

 

栗、銀杏と共に採りたての松茸を裂いてポン酢、又は粗塩をつけていただく

f:id:moriwa14911:20181020191941j:imagef:id:moriwa14911:20181020192010j:image

 

松茸の土瓶蒸し、松茸一本分が入っていてとても上品な味わい

f:id:moriwa14911:20181020192253j:imagef:id:moriwa14911:20181020192359j:image

上の焼きパイを松茸スープに崩しいれていただくパイ包み

f:id:moriwa14911:20181020193325j:image

松茸の天ぷら

f:id:moriwa14911:20181020193524j:image

松茸握り寿司

f:id:moriwa14911:20181020193622j:image

f:id:moriwa14911:20181020193721j:image

松茸と飛騨牛のすき焼き

f:id:moriwa14911:20181020193812j:image

松茸の炊き込みご飯ーー一人一人丁寧に目の前で約15分かけ鉄鍋で炊き上げ熱々を食べさせていただける。最後にさっぱりと自家製抹茶のアイスクリーム、

ご馳走様でした満腹堪能しました

烏魯木斉(2)---自治区博物館、天池

新疆ウイグル自治区博物館

この地の歴史、少数民族の生活、文化など多くが展示されているが、ミイラ博物館として世界的に有名。ここのミイラはエジプトなど他地域のミイラと大きく異なり全く防腐剤を使ったり内臓を取り出したりしておらず、息を引き取ったそのままで保存されている。数多くのミイラの中でも「ウイグル美人」「楼蘭の羽を翳した貴婦人」などは特に見応えがある。次回機会があれば時間をかけてゆっくり見学したいものだ。f:id:moriwa14911:20181018215823j:image

ウイグル美人のミイラ
f:id:moriwa14911:20181018215827j:image
f:id:moriwa14911:20181018215833j:image

天池

烏魯木斉都心から東北100kmに位置し、万年雪を頂きに被るボコダ山の中腹

標高約2000mに位置する。透き通った雪解け水を満々と湛えた大きな湖でUnescoの世界自然遺産に登録されている。ここのトイレは四つ星トイレの認定があり有名。f:id:moriwa14911:20181018220820j:image
f:id:moriwa14911:20181018220802j:imagef:id:moriwa14911:20181019110239j:image